OPPO(オッポ)使い方

OPPO(オッポ)スマホにFeliCa(フェリカ)付くのはいつから?

山本ブレンド【WAM】

AIツールにハマってる札幌市在住の30代2児の父。スマホ相談&使い方教室キガルナ(高齢者向け)を主催。WEB制作・集客フリーランス・iPhoneの使い方を紹介する教室ブログを運営。2024年現在札幌でショート動画/広告制作終活にともなう不用品回収・遺品整理の事業のお手伝いなど多岐にわたって活動中。

カメラ重視のスマートフォンブランドとして日本参入を進める「OPPO JAPAN(オッポ)」。

今回、日本のスマートフォン市場についに2019年中に「防水」機能、「FeliCa(フェリカ)」対応端末を投下することを発表しました。

要約ポイント

  • OPPOから防水、フェリカ対応端末が発売されるという発表があった
  • FeliCa(フェリカ)付くのはいつからなのか
  • 最近の発表だとOPPO Renoなど
OPPO R11s(2月9日)

OPPO R11s(2月9日)

防水機能・FeliCa(フェリカ)って?

防水・FeliCa(フェリカ)機能は、日本のスマートフォンや携帯にないのがおかしいくらい普及している機能ですね。

防水機能

防水・耐水機能と表現されますが、雨の日でも外で電話ができたり、浅い水たまりなら落としてもコンピュータに浸水しないようなものです。

国際規格にあるIEC規格での分類だと、IPX7やIPX8などの基準があり、この基準が表記されていないものは不安がありますよね。

あくまで防水防塵がウリになっていても、それは開発者目線ということで、保証する基準ということですね。

第三者の採点がIEC規格というわけです。

iPhone7や、iPhone8、8PlusはIP67ですね。

OPPOは特にIPXは取得していないのですが今後対応すると宣言しているからには、わかりやすい基準をクリア=つまりIPXの取得を目指すということなのではないでしょうか。

FeliCa(フェリカ)

お財布ケータイに必須、日本の「ガラパゴス」と揶揄されるスマホ市場において、唯一といっても過言ではないとても有用な機能がこの「FeliCa(フェリカ)」です。

おなじみ日本中の交通機関でほぼ使える「Suica(スイカ)」もこのFeliCaの技術で実現しています。

昨今QRコード決済が人気ですが、いちいちアプリをひらいてQRがコードを表示させないといけないコードよりも、非接触決済ができる「FeliCa(フェリカ)」のほうが手軽なんですよね。

iPhoneにはiPhone7以降に搭載しており、モバイルSuicaや電子マネーiDを登録可能です。

同様にOPPOも使い勝手を追求してくると考えられます。

OPPO Renoブランド

オッポジャパンは2019年3月に「OPPO Reno」シリーズの端末を発表しました。

カラフルな広告に胸を躍らせる人も多く、今後他のラインナップでも展開されるでしょう。

カメラ機能をパワーアップさせたトリプルカメラでの「10倍ハイブリッドズーム」技術がMWC2019で注目されたばかりのオッポジャパンにとって、さらに日本に話題をもたらしてきた、という形になります。

OPPOの日本8つめの端末

2018年2月に日本市場に参入してきたまだ一般人には知名度の低い会社ですが、世界シェアはHuaweiと

  1. OPPO R11s(2月9日)
  2. OPPO R15 Neo(8月31日)
  3. OPPO R15 Pro(8月31日)
  4. OPPO Find X(11月9日)
  5. OPPO R17 Neo(11月22日)
  6. OPPO R17 Pro(11月26日)
  7. OPPO AX7(12月14日)

OPPOは日本のスマートフォン市場に7モデルを投下してきました。

日本の市場を狙うのなら機種変更の多い9月を狙って投下してくる可能性がありますね。

iPhoneの新作が発表される9月が、一番機種変更の需要期です。日本のiPhoneシェア率の高さと、いい加減そろそろiPhone以外も選択肢にいれるひとが増えています。

それはスティーブ・ジョブス以降のApple低迷のニュースがガンガン流れていることや、高額になりすぎた10万円以上の端末が多いからですね。

中国市場のように日本参入2年目のOPPOはうまくiPhoneからシェアを奪えるのでしょうか?

OPPO ColorOSはiPhone似

OPPO ColorOSはiPhone似

OPPO ColorOSはiPhone似

iPhoneからOPPOに変えるとき、「Androidスマートフォンは初めてだから・・・」と不安になるかもしれません。

実は、AndroidスマートフォンのOPPOはオリジナルカスタマイズとして「ColorOS」という「見栄え」を採用しています。

この見栄えの部分ですが、ほとんどiPhoneのiOS(アイオーエス)を元に開発されたもので、とても操作感やできることなどが似ています。

初めてAndroidにするなら「OPPOスマートフォン」にすると違和感なく利用できるでしょう。

要注目 最新AI情報・AI画像生成ジェネレーターまとめ

2024/2/8

GPTのキーワード検索機能の使い方 日本語対応・サジェストで人気がわかる

大人気のChatGPTに、ついに「GPTs検索機能」が搭載されました。 自分のカスタマイズしたGPTを登録できる「GPT Store」ができてからもしばらくは検索ができませんでしたが、今回のアップデートで搭載されました。 要約ポイント ChatGPTにGPTs内でキーワード検索ができる機能が搭載 日本語でも検索できます!サジェスト機能で人気のGPTがもろわかり GPTプラグインは今後どうなっていくのか? GPTs検索機能の場所 PCからだと「GPTs検索機能」は左側サイドバー内、GPTリストと過去のアーカ …

ReadMore

2024/1/8

ChatGPTでアーカイブで消したチャット一覧はどこから見れる?

ChatGPTに2023年暮れに追加されたChatGPTのアーカイブ機能。このアーカイブ機能便利ですよね。 でもこのアーカイブしたチャットってどこから見れるの?戻し方がわからない!大事なチャットをアーカイブしてしまった!こまった! ってことありますよね。この記事ではとりあえずアーカイブしたチャットの復活方法について解説しています。 要約ポイント ChatGPTのアーカイブしたチャットはどこにある?消えた?見つからない? ChatGPTのアーカイブしたチャットは設定の奥にある「アーカイブチャット」で一覧を確 …

ReadMore

2024/1/8

ChatGPTにアーカイブ機能追加でデータ整理・管理性が向上!

ChatGPTには過去の生成テキストをアーカイブできる機能があります。アーカイブ機能って何?というと、ざっくりいうならば「一覧から消せるけど削除されたわけではない」状態です。 全部データが見える状態だと管理や整理の手間がとてもかかりますよね。 そこで、このアーカイブ機能がとても重宝するというわけです。 今回は2023年12月にChatGPTに追加されたアーカイブ機能について解説していきます。 要約ポイント 2023年12月:ChatGPTにアーカイブ機能が追加された ChatGPTにアーカイブ機能はデータ …

ReadMore

2023/12/21

SeaArt(シーアート)AIを始めたら最初に変更したほうがいい設定

SeaArt(シーアート)AIを始めたら最初に変更したほうがいい設定があります。その方法と理由をまとめます。 無料でたくさんの画像を生成できるSeaArt(シーアート)AIを始めたら最初に変更したほうがいい設定と覚えたほうがいいものがありますのでチェックしましょう。 要約ポイント SeaArt(シーアート)を始めたら最初にするおすすめの設定は、設定からプロンプトを英語にすること プロンプトは画像生成をする際のプログラムコード、呪文と呼ばれるもの 日本語でも生成できるSeaArt(シーアート) SeaArt …

ReadMore

コードインタープリター見つからない→Advanced data Analysisに名称変更

2023/8/30

コードインタープリター見つからない→Advanced data Analysisに名称変更

ChatGPTをつかっていて急に「コードインタープリター見つからない!」ってなった人はいませんか?安心してください。Advanced data Analysis(アドバンスデータアナリシス)に名称変更されているようです。 要約ポイント ChatGPTのAdvanced data Analysis(アドバンスデータアナリシス)とは? いつコードインタープリターから変わったの? 名前は戻せないの? いつコードインタープリターから変わったの? 日本時間でいうところの2023年8月29日に変更になっていました。 …

ReadMore

まとめ

  • OPPOから防水、フェリカ対応端末が発売されるという発表があった
  • FeliCa(フェリカ)付くのはいつからなのか
  • OPPOスマートフォンはiPhoneに似せたColorOSだからiPhoneから機種変更するのならおすすめ

-OPPO(オッポ)使い方